【コラム】英語は子供の日本語に言い換えると簡単に話せる!!

Pocket

 

おすすめ オンライン英会話の選び方とは

 

 

どんなにTOEICのスコアが高くても、難しい英単語や文法をたくさん知っていても、

いざ会話となると言葉が出てこないという人は大勢います。

一方で、中学校で習う英単語しか知らなくても会話が楽しく続く人もたくさんいます。

その違いは「言い換え」の能力があるかどうか、だけです。

「言い換え力」とは言いたいことを簡単な日本語にして、それを知っている英単語に置き換える力のこと。

この能力さえ身につければ、今ある自分の英語力で言いたいことを表現できるようになります。

たくさんの英単語を知らなくてもOK!

そもそも何が言いたいのか?を考える

「言い換え」の際は、くれぐれもすぐに英語で言い変えようとしないでくださいね。

下記のように段階を踏んで言い換えましょう。

 

ステップ1 そもそも何が言いたいのか? を考える

ステップ2 簡単な日本語にする

ステップ3 それを英語にする

 

このステップ1にあたる「そもそも何が言いたいのか?  を考える」こそが、最重要ポイントです。

日本語特有の言い回しやことわざ 、熟語表現などに振り回されず、自分が何を言いたいのかという原点に常に立ち返る習慣をつけてください。

では、下記の例文を一緒に考えていきましょう。

  • 彼女は苦しい胸中を吐露した。

えっ? 「苦しい胸中」って? 「吐露」って? 英語で何て言うんだろう?

一瞬、そう思って焦ってしまいますよね。

でも、大丈夫!

ここで「そもそも何が言いたいの?」と考えてみてください。

何が言いたいのかと言うと・・・・・・、つまりはこういうことですよね。

  • 彼女は困っていることがあった。それを話した。

困っていること=問題( problem) ですね。

では言い換えてみましょう。

 

彼女は困っていることがあった。それを話した。

She had some problems. She talked about them.

後ほど、お伝えしますが、正解は一つとは限りません。 

 

相手に伝わればいいので何通りにも表現できます。

上記の例文では、困っていることがあった=心配していた(was worried)でもいいですね。

 

 

彼女は心配していた。それについて話した。

She was worried. She talked about it.

 

上記のように言い換えでも OK です。

常に「そもそも何が言いたいの?」と考える習慣を身につけましょう。

もう一つ、練習してみましょう。

  • せっかくのご招待なのに残念です。

「ご招待」「残念」 という言葉を直訳しようとする気持ちを抑えて、

まずは「そもそも何が言いたいの?」と考えてみましょう。

例えば、「招待してくれてありがとう。でも行けないんです」とか、「本当は行きたいのに行けないんです」ということが言いたいんだな、というところまでたどり着きましたか?

 

答え

招待してくれてありがとう。でも行けないんです。

Thank you for your Invitation、 But I can’t go.

とても行きたいんだけど、いけないんだ。

I really want to go, but I can’t.

 

「そもそも何が言いたいの?」

私はこれを魔法の質問と呼んでいます。

常に自分に問いかけ、考える習慣を身につけることで、まわりくどい言い方や過剰な丁寧語の文章に触れた時も、焦らず「本質」を見極めることができるようになります。

文章はとにかく短く!

私たちは英語を聞くとき、話すとき、頭の中に浮かんだ日本語の文章をそのまま訳そうとしてしまいますよね。

でも、それが英会話では高いハードルとなってしまうのです。

  • 私は古くて美しいお寺や神社がたくさんあり、世界的にも有名な京都という街の出身です。

上の文のように自分の出身地を伝えたい場合、多くの人が頭の中でこの長い文章を何とか一文で表現しようとします。

そうすると当然ですが、時間がかかり、その間相手をじっと待たせてしまうわけです。

ようやく話し始めると、次のような英文になってしまいます。

I’m from a world famous city called Kyoto where there are many old and beautiful temples
and shrines.

随分長い一文ですよね。

中学・高校で関係代名詞を学んだ私達は、水関係代名詞を使って長い文章を作る靴映画ついてしまっていますが、こんなややこしい構成の文章は、新聞や本で読むならともかく、会話で聞いているとまどろっこしいだけ。

言葉が出ず、悩みながら話しているうちに、すぐにネイティブに別の話題に変えられてしまいます!

英語は結論を先に言うことが重要な言語。

前の例では、「出身地」がどこなのかすぐに分からないため、相手がネイティブの場合イライラされてしまう可能性が大です!

会話を弾ませる上で大切なのは「間をおかず、短い文をどんどん続けて話す」こと。

そのためには、、伝えたい順番に、短い文章で表現してみるのがポイントです。

まずは、先ほどの自己紹介文を、次のように日本語で単純な文章に作り直してみましょう。

 

短くした日本文例

1 私は京都出身です。

2 京都には古くて美しいお寺や神社がたくさんあります。

3 世界的にも有名な街です。

 

英文例

I’m from Kyoto.

There are many old temples and shrines there.

It’s world famous.

 

無理やり自分で伝えようとする厄介な文章も、このように短く分けて、単純にした文章なら簡単ですよね?

ややこしい高生の文章を考えてるうちに相手を待たせたり、 うまく一文にまとまらなくて焦ったりすることはなくなります。

もっとスムーズに言いたいことを伝えられるようになるんです。

もう一つ練習してみましょう。

  • 新幹線で列を挟んだ隣の席に超有名人がいて、びっくりだった。

まずは文章を分けましょう 。

「列を挟んだ」は子供に伝わる表現でしょうか?

 

短くした日本文例

新幹線で有名人が隣に座った。

びっくりした。

 

英文例

A famous person was sitting near me in the Shinkansen.

I was surprised.

 

[解説]

元の文にはたくさんの要素が詰め込まれています。
①熱を挟んだ隣の席②超有名人③びっくり・・・・・・など。

まずは文を分解しましょう!

単純化すると2~3文に分けられます。

「列を挟んだ隣の席」は、子供にもざっくり分かるように言うと「隣の席」で通じますから、途端に英訳しやすくなりますね。

そのまま英語にするのは難しくても分解&単純化でこんなに簡単になるわけです。

上記の例文のように、日本語では長い文章もに2、3文に短く分けてからだと、英語にしやすくなりますね。

とはいえ、文章のどこで分ければいいのかな、と迷う方もいることでしょう。

実は、文章を短く分けるにはコツがあるんです。

  • 「、」(読点)でをわける
  • 複雑な文章は時系列で表現する

では、次の文章を日本語のまま短くわけてみてください 。

昨日は春に仕込んだ味噌が出来上がり、その味噌を使ったお味噌汁を昼食の時に食べた。

 

短くした日本文例

1 春に味噌を作った

2 昨日、その味噌が出来上がった。

3 今日、味噌汁を作った。

4 今日昼食の時、その味噌汁を食べた。

 

 

英文例

1 I made miso In the spring.

2 Yesterday it was ready to eat.

3 Today, I made miso soup (using it).

4 For lunch today, I ate it.

 

[解説]

時系列に沿って(春に味噌を作った→昨日、味噌ができた→味噌汁を作った→食べた)、分けています。

長い文章も、このように短くを分けると単純化できるので、 英語にする作業がぐっと楽になりますよ。

Point

関係代名詞は使わない! スラスラ話すには「短文」が基本です。

大胆に省略する

日本人は「なんとなく」「こんな感じでよろしく」というような回りくどい言い方を対応しがちですが、それを英語で表現しようとするとキリがありません。

そこでオススメしたいのが「大胆に省略する」こと!

英語学習者に声を大にして言いたいのが、完璧主義はやめましょう!

英語を学習している方はニュアンスにこだわる方がとても多いです。

でも、最初からパーフェクトに伝えようとすると口を開くまでに、長く時間がかかり、喋れないまま話題が次に移っていったりします。

なので、最初から全てを伝えようとせず 、まずは「7割」を目指すこと。

「7割」伝えられるようになったら、「8割」「9割」と徐々に上げていけば OK です。

そのためには、次の二つのポイントを心がけてください。

 

ポイント1 省略しても意味が通じる部分は大胆にカット!

ポイント2 「そもそも何が言いたいのか?」だけを考える

 

実際に例文を使って練習してみましょう。

あんなやつ! 私のことなんてこれっぽっちも理解してくれないんだから!

「あんなやつ」とか「私のことなんて」「これっぽっちも」「してくれない」という感情的な要素が満載の一文ですね。

では、これらの要素を省いて、「そもそも何が言いたいのか」だけに集中してみましょう。

すると、すると次のように分かりやすい文章が浮かび上がります。

 

答え

彼は私のことを理解していない。

He doesn’t understand me.

 

[解説]

まずは「7割」伝わりましたね!

この後に、「8割」「9割」まで伝えるためには、先ほど省略した要素を加えていってもいいでしょう。

「これっぽっちも=全く(not at all)」

「あんな奴=私は彼が嫌いだ。 (I hate him.) 」を付け加えてみましょう。

すると、次のような文章になります。

 

答え

彼は私のことを全く理解していない。私は彼が嫌いだ。

He doesn’t understand me at all. I hate him.

 

最初に作った英文に細かい要素が加わりましたね。

まずは意味が伝わる「7割」を目指しましょう。

余裕があれば残り要素を足していけばいいのです。

ではもう一つ、練習してみましょう。

  • ごめんごめん、今日予定入っちゃった! やっぱり会うの、来週にしてくれない?

これも、「やっぱり」という部分に惑わされないでくださいね。

それから、「予定」ってどんな単語を使えばいいの?

と思った方もいたかもしれませんが、まずは意味を考えましょう。

要するに、「ごめん、今日会えない。来週会えるかな?」

ということが伝わればいいので、下記のようになります。

 

答え

I’m sorry, I can’t see you today. Can I see you next week?

 

Point

意味は7割伝われば OK。

曖昧な表現は具体的にする

日本語では非常に多い「曖昧な表現」、英語でも同じような感覚で伝えようとしていませんか?

同じ文化・社会的背景を共有している日本人同士だから通じることでも、それらが全く異なる相手には通じません。

表現があいまいだと、誤解されることが多々あります。

例えば、「この前のお店、なんかいい感じだったよね」という文章。

「この前の」「なんか」「いい感じ」・・・・・・。

日本語でよくある会話ですが、いわゆる「曖昧な言葉」のオンパレードですね。

英語は明快さを求められる言語ですから、曖昧なことを言うとつありませんし、相手は何が言いたいのかわからず、困惑してしまうかもしれません。

また、曖昧な日本語を英語に変えるのは非常に難しい作業です。

大切なのは、とにかく具体的に伝えること。

上記の例で言うと、具体的にすべきことは次の通りです。

  • 「この前の」は「いつ」なのか?
  • 「 何のお店」なのか?
  • 「なんか」はどういう意味なのか?
  • 「いい感じ」とは、具体的にどういうことなのか?

これらを具体的に説明してみましょう。

一つ一つ詳しく説明すると、例えば、次のように言い表せます。

「先週の水曜日にランチしたイタリアンレストラン、パスタが美味しかった。もう一度行きたいな」

随分わかりやすくなりましたね。

ここまでよくわかりやすくすると英語にもしやすいです。

具体的にする作業は、「そもそも何が言いたいのか」を考えることでもあります。

自分なりに頭の中を整理する必要があるわけです。

では、練習してみましょう。

彼ってうざいけど、なんか憎めない。

一体どううざいのか?

どんなふうに憎めないのか?

「うざい」にぴったり当てはまる英単語はありませんし、日本でも人によって解釈の仕方が違います。

また「憎めない」は「嫌いではない」レベルなのか「少し好き」レベルなのか、これも曖昧な表現ですね。

ここでは「うざい部分」・「憎めない部分」の中身をあなたに考えて具体的に表してみましょう。

自分なりの理由や背景を考えた上で英文を作るとすると、例えば、次のようになります。

 

答え

彼は人の話を聞かない。でも面白いから嫌いではない。

He doesn’t listen to me. But he is funny, so I like him.

 

「うざい」や「憎めない」の背景にある理由を、「〇〇だから好き・嫌い」というように具体的に示せると明確になり、説得力が増します。

嫌いではない、はI don’t dislike him.

としても良いのですが、7割で考えると上記人のようにI like him.

とシンプルにしても OK ですよね。

英語で話す際は、「相手が推測してくれるだろう」「なんとなく伝わるはずだ」といった相手の期待は捨てましょう。

相手に理解して欲しかったら、相手が理解しやすいような表現を心がける!

これは英語だけでなく、すべてのコミュニケーションに通じるポイントかもしれませんね。

Point

具体的にする作業は、自分の頭の中を整理するチャンス!

熟語はひらがなに言い換える

子供と大人の語彙は圧倒的に違います。
中でも、大人に成長するにつれて使用頻度が増えてくるの漢字2文字以上で構成されている「熟語」です。

例えば、「おかずやご飯を並べてね」と言えば幼稚園児にも通じますか、「配膳してください」では伝わらないですよね。

誤解を恐れずに言えば、簡単な内容でもあえて難しく証言しているのが「熟語」かもしれません。

大人になるにつれ、いわゆる二字熟語だけではなく四字熟語も多く使うようになります。

「試行錯誤」とか「自業自得」といった四字熟語はもちろん、「就職活動」「検査入院」というような一般的な言葉もあります。

使いこなせればとても便利なのですが、英語においては、これらの熟語は厄介者です。

というのも、どうしても頭の中で、日本語の熟語をそのまま表す熟語を探そうとしてしまうから。

ぴったり当てはまる英語はなかなか見つからないし、そもそも日本語ならではの概念なら、それに相応しい英語は存在しないでしょう。

ですから、実際の会話では、頭の中で対応する英熟語を探している時間がもったいないわけです。

そこでおすすめなのは、子供にもわかるように熟語をひらがなでいいかえること。

例えば、

配膳してください→おかずやご飯を並べてね 。

振られたのは自業自得だ。→振られたのは、僕のせいだ。

つまり、「ひらがなに言い換える」のがコツ。

そう考えれば、とても簡単ですよね。

では、ここで練習問題です。

下記を簡単な日本語にして、その後英文にしてみてください。

  • 彼は彼女を全身全霊で愛した。

「全身全霊」をそのまま訳そうとしないでくださいね。

伝えたいことは何かを考えて簡単な日本語に言い換えましょう。

 

答え

彼は彼女をとても愛していた。

He loved her very much.

 

[解説]

loveという単語が浮かばなかったら、ライクでも OK です。

「全身全霊=とても(very much)」と変換できさえすればすぐに訳せますね。

もう一つ、練習してみましょう。

今年は暖冬だ。

「暖冬」という言葉は子供にも通じますか?

簡単な言い方を考えてみましょう。

 

答え

今年の冬は暖かい。

This winter is warm.

 

「暖冬」を簡単に言い表すと「冬が暖かい」ことですから、一気に英語に言い換えれやすくなりますね。

熟語を子供に通じる言葉に変える習慣を身につけましょう。

もし、warmが思いつかなかったら「寒くない」not coldでも OK。

熟語に惑わされずに、どんな時でも「そもそも何が言いたいのか」を考える習慣をつけていきましょう。
Point

難しい熟語もひらがなで言い換えるだけで簡単に!

正解は一つではない

完璧主義はやめましょう、とお伝えしました。

学校英語の影響なのか、「正解」に拘る方が大勢います。

でも英会話は試験ではないので、この文章でなければダメということはありません。

繰り返しになりますが、まずは「伝わる」ことが大切。

日本語の会話では無意識のうちにやっていることですが、一つの文でも色々な言い方ができるのです。

例を挙げましょう。

次の日本語を英文にしてみてください。

引っ越しは準備万端ですか?

「万端」は英語でどう言うのかな?

なんて辞書を引かないでくださいね。

簡単に言い換えてみましょう

 

答え

引っ越しの準備はできましたか?

Are you ready to move?

荷造りは終わりましたか?

Did you finish packing?

もう新しい家に行けるんですか?

Can you go to your new house, now?

 

[解説]

引っ越し準備は終わったか、と尋ねる文章ですね。

「引っ越す」はmoveですが、この単語が思いつかない場合は他の表現を考えてみましょう。

例えば、「荷造り(packing)はもう終わりましたか?」

といっても通じますね。

あるいは、moveもpackingも思いつかなければ、「 新しい家に行けるんですか?」というふうに聞いてもいいでしょう。

もう一つ練習してみましょう。

  • 病み上がりだから無理しないでね。

「病み上がり」「無理しないでね」で伝えたいことは何なのか、考えましょう。

1文で表現しようとせず、2文か3文で言いかえてみてください。

 

答え

先週、病気だったんでしょう。頑張りすぎないでね。

You were sick last week. Don’t walk to hard.

良くなったばっかりなんだから、お大事にね。無理しないで。ゆっくりしてね。

You just got well,so take good care of yourself. Don’t walk too much. Relax!

病気だったでしょう。ゆっくり休んで!

You were sick. Rest well!

 

というわけで、正解は一つではなく上記のように複数の言い方ができます。

日本語でもそうですが、一つの言い方しかないということはありません。

「万端」や「病み上がり」という単語を知らないから無理だと諦めるのではなく、自分の英語力の範囲で相手に伝われば OK です!

Point

英単語を新たに覚えなくても、自分の知っている単語の範囲で伝わる表現を心がけよう!

英語の4技能の伸ばし方

「英語上達のために一体、何をどう勉強したらいいの?」と思っている方に向けて、4技能の伸ばし方をお伝えします。

  • 「聴く力」 (リスニングスキル)を高めるために

「普段から英語を聞く」ことが大切です。

集中して聞く必要は必ずしもありません。

例えば、通学・通勤時間に音楽の代わりに英語を聞く。

「聞く」ということを累積していきましょう。

念仏のように BGM のように、聞いて聞いて聞きまくってください。

でも、内容や使われている英単語が難しすぎるなど、「そもそも字で読んでみて、 意味のわからないもの」は聞いても意味がありません。

「意味も分からないまま、聞いていればいつか必ずわかるようになる」というのは、例えば中国語の知識がない人が中国語をずっと聞いていればいつか突然わかる日が来る、というようなありえない話。

聞いている内容を文字で読んだら最低限内容がわかる・・・・・これが大事です。

その上で聞きまくってください。

できたら声に出してぶつぶつ読んでみるとさらに良いでしょう。

ちなみにリスニングは、四技能の中でおそらく最も上達が分かりにくいものかもしれません。
英語回路ができるまでは、いくら聞いても、下記以外に上達の目安があまりないからです。

スピードにだんだん慣れてくる

単語を並行して勉強している人は聞き取れるようになる

意味がわかる英単語がだんだん増えてくる

ですが、私を含め、英語を一から勉強してマスターした人は皆、

「ある日突然、霧が晴れるようにわかるようになった」と、聞き取れるようになった時の事を語っています。

まずは自分のレベルに合った正しい教材を選ぶ。

これが鉄則です。

  • 「話す力」(スピーキングスキル)を高めるために

英語はスポーツのようなもの。

英語はスポーツと同じく「瞬発力(すぐ応える)」と、「基本練習」が大切だからです。

例えばテニスをやっているとしましょう。

すると、80%は素振りとか、基本練習です。

残りの20%のうち、17%は練習試合で、残りの3%が対外試合。

英語も同じ。

まず、毎日の基本練習が必要なんです。

そして練習試合として、たまに英語の先生と話す。

対外試合として、数か月に1回、先生ではない外国人と話す。

そうやって行くと上手くなります。

まずは中学校英語が口からスラスラ出てくるところを目指してください。
「えっ?  中学英語?」って思いましたか??

実は中学英語で、日常会話もビジネス会話も基本は OK なんです。

簡単に思えるけど、でも、いざ口からスラスラ言えるかと言うと意外と言えないんですよね!

だからこそ、「中学英語をスラスラと」を目標にしましょう。

  • 「読む力」(リーディングスキル)を高めるために

「読む力」をつけるためには、普段から英語を読むことに慣れることが一番大切です。

例えば、次のような習慣です。

英語メルマガ・英語ブログを読む

英字新聞や英語の記事をウエブ で読んでみる。

関心のある事項の英文雑誌を購読してみる

好きな本を原書でトライしてみる

早く読めるようになりたかったら、時計を計って読む・・・etc.

語彙や最低限の文法は必要になりますが、 どうなことを続けていくと絶対に英語が読めるようになります。

  • 「書く力」(ライディングスキル)を高めるために

ライディングにはコツがあります。

それは、英作文は、英「借」文だということです。

つまり、ネイティブが書いた英文を真似するのが最も確実で自然な文章だ、ということです。

特に、初心者が自分で考えて英文を作ろうとすると不自然な英文が出来上がってしまいます。

ですから、英作文は英「借」文だと肝に銘じ、 使えそうな英文をメモしておくなど、あなただけの英作文リストを作ってみましょう。
あなたの仕事や生活シーンにピッタリあった、それでいてネイティブのような自然な英文を書くことができますよ。

ここまで、4技能の伸ばし方の「基本」に関してまとめました 。

もちろん、他にも、 TOEIC の勉強方法やゴール(目的)別、レベル別にどのようなやり方をすればいいのか、どのような教材を使ったらいいのかなと、書き出すとキリがないので、ここでは触れません。

何よりも、大切なのは自分のゴール(目的)を見定めること。

ただがむしゃらに英語を勉強するのではなく、何のために調達したいのか、を考えてみてくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Green

物心つかない頃より近くのカトリック教会の神父さんに英会話を習っていました。 仕事、子育てをしながら、英語教育に取り組んできました。 帰国子女である母が学習塾をしていましたので、その仕事を引き継いでいます。 英語を覚えることで世界が広がる可能性もあります。 英語の武器の記事を読んで英語学習のきっかけにしてもらえれば幸いです。 よろしくお願いいたします。