スポーツに関するかっこいい英語表現

Pocket

 

 

おすすめ オンライン英会話の選び方とは

 

このページでは、スポーツや関する名言や格言を英語で紹介しています。

スポーツ史に名を残す一流のアスリートは皆、並ならぬ努力と苦労を重ね、苦境を乗り越えて、栄光を勝ち得ています。

その苦難はきっと凡人には想像の及ばない境地でしょう。力強く瑞々しい言葉から、その片鱗が感じられます。

様々なスポーツのレジェンド達の発言を厳選してまとめております。

是非、あなたのお気に入りの名言を探してみてくださいね。

Contents

今いる場所から始めよ。自分の持っているものを使え。できることをするんだ。

Start where you are. Use what you have. Do what you can.

アーサー・アッシュ(米国の黒人テニス選手 / 1943~1993)

想像力のない男には、翼は持てない

The man who has no imagination has no wings.

リスクをとる勇気のない男は、人生で何も達成することができない

He who is no courageous enough to take risks will accomplish nothing in life.

困難に立ち向かうときに人々が恐怖を感じるのは、信頼が足りないからだ。私は私を信じている

It’s lack of faith that makes people afraid of meeting challenges, and I believe in myself.

Muhammad Ali(モハメド・アリ)

モハメド・アリは、アメリカのプロボクサーであり元・世界ヘビー級チャンピオンです。現役時代の芸術的ともいえる強さもさることながら、人種差別と戦うといった社会的姿勢・高潔な精神も人々を引きつけてやみません。

目標や夢に対して強くコミットし、それを成し遂げるための強い情熱と共に毎朝起きる事ができれば、できないことなど無い。

If you have a strong commitment to your goals and dreams, if you wake up every day with a passion to do your job, everything is possible.

– If 〜: 条件説「もし〜ならば」を導く接続詞。仮定法ではない。

– commitment /kəmítmənt/ (名) 献身、約束 ⇨ “a strong commitment to your goals and dreams”「あなたのゴールと夢に対する強い献身」の意。

– wake up: (群動) 目を覚ます

– every day: (副詞として)毎日 ↔︎ everyday /évridèi/ (名) 普段(の日), (形) 毎日の

– with /wíð/ (前) ~を持って

– passion /pǽʃən/ (名) 情熱 ⇨ “passion to do 〜”「〜をする情熱」の意。

– possible /pɑ́səbl/ (形) 実行できる

シャンタル・プチクレール/Chantal Petitclerc

カナダの車いす陸上競技選手。

13歳の時に事故で両脚の機能を失う。

アトランタ、シドニー、アテネ、北京のパラリンピック4大会で14個の金メダルを獲得。

2005年ローレウス世界スポーツ賞、2008年加の年間最優秀スポーツ選手賞を受賞。

1969年生まれ。

年齢は障壁ではない。それはあなたが自分の心に置いた限界だ。

Age is no barrier. It’s a limitation you put on your mind.


アメリカの陸上選手、ジャッキー・ジョイナー・カーシーの名言です。

「barrier」は、「障壁、妨げ」という意味の名詞です。

ブーイングはダンクシュートをブロックしない。

Boos don’t block dunks.

 

アメリカのバスケットボール選手、コービー・ブライアントの名言です。

「boo」は、「野次、ブーイング」という意味の名詞です。

あきらめない人を打ち負かすことは難しい

Its difficult to beat a person who never gives up.

– Its: ここは “It is” の短縮形である “It’s” が正しい。 “its” は本来 “it” の所有格「それの」の意。

– difficult /dífikʌ̀lt/ (形) 困難な

– beat /bíːt/ (動) 打ち負かす

– person /pə́ːrsn/ (名) 人

– give up (群動) 諦める ⇨ “never give up”「決して諦めない」の意。

– who: 関係代名詞で先行詞は “person” ⇨ “a person who never give up”「 決して諦めない人」の意。

ベーブ・ルース/Babe Ruth

米プロ野球選手。

本名は George Herman Ruth Jr. 通算本塁打数714本。

ベースボールを米最大の人気スポーツにしたことで「野球の神様」「アメリカ球界最大の巨人の1人」と評され米の国民的なヒーロー。

鼻咽頭癌により1948年没。享年53歳。

誰かの真似をする必要はない、自分の道を探しなさい

Whose, it isn’t necessary also to imitate. Look for your track.

誰かの頭で考えるのではなく自分の頭で考えなければならない

I have to think by the head, not person’s head.

Ivica Osim(イビチャ・オシム)
ボスニア・ヘルッエゴビナ出身のサッカー選手であり監督です。

旧ユーゴスラビア代表の最後の監督として知られています。

日本では「オシムジャパン」の「オシム監督」として親しまれました。

オシム監督は自分の進む道に迷った際の考え方についてなかなか深い洞察を語っています。

誰もが才能を持っているが、能力を引き出すには大変な作業が必要となる。

Everybody has talent, but ability takes hard work.

アメリカのバスケットボール選手、マイケル・ジョーダンの名言です。

「talent」は、「才能、手腕、タレント」という意味の名詞です。

全ては練習だ。

Everything is practice.

ブラジルのサッカー選手、ペレの名言です。

「practice」は、「練習、実行」という意味の名詞です。

また、以下のページも合わせてご覧ください。

素性や出身なんて関係ない。夢や目標があるなら、それが全てだ。

It doesn’t matter what your background is and where you come from, if you have dreams and goals, that’s all that matters.

matter /mǽtər/ (動) 重要である → “It doesn’t matter what 〜 is”「〜が何かは関係ない」の意。

– what your background is: “what”は疑問詞で全体では間接疑問文。「あなたの経歴は何か」の意。

– where you come from: “where”は疑問詞で全体では間接疑問文。「あなたがどこから来たか」の意。

– if 〜: 条件節を導く接続詞

– that’s (that is) all that matters: 最初の “that” は “you have dreams and goals” を指す。“all” は「(名) 全てのこと」。

2番目の “that” は関係代名詞で先行詞は “all”。全体では「それが、重要である全てのことです。」の意。

セリーナ・ウィリアムズ/Serena Williams

米女子プロテニス選手。生涯獲得賞金は8000万ドル超で、全女子プロスポーツ選手中1位。

2013年に31歳で世界ランキング1位に復帰し、歴代最年長1位に。2017年に再度1位に復帰。

グランドスラム合計優勝回数39回は男女通して歴代3位。1981年生まれ。

金メダルは本当に金から作られているのではない。汗、決意、そしてガッツと呼ばれる見つけにくい合金から作られている。

Gold medals aren’t really made of gold. They’re made of sweat, determination, and a hard-to-find alloy called guts.


アメリカのプロレスラー、ダン・ゲイブルの名言です。

「alloy」は、「合金」という意味の名詞です。

リスクを冒すほどの勇気が無い人は、人生で何も成し遂げないだろう。

He who is not courageous enough to take risks will accomplish nothing in life.

 

アメリカのプロボクサー、モハメド・アリの名言です。

「courageous」は、「勇敢な、度胸のある」という意味の形容詞です。

勝利までの道のりが厳しければ厳しいほど、勝った時の喜びは大きくなるのです

The more difficult the victory, the greater the happiness in winning.

Edson Arantes do Nascimento(ペレ)
エドソン・アランテス・ド・ナシメントは、ブラジルのサッカー選手です。

本名よりも愛称ペレ(Pelé)の呼び名で知られています。

ペレは20世紀に最も活躍したサッカー選手の一人であり「サッカーの王様」の二つ名を持ちます。

ペレは努力が報われたときの喜びについて語っています。

重要なことは、勝ちたいという気持ちではない。そんなものは皆持っている。勝つために準備しようという意思が重要なのだ。

It’s not the will to win that matters. Everyone has that. It’s the will to prepare to win that matters.

– will /wíl/ (名) 意思 → “will to win”「勝つための意思」

– matter /mǽtər/ (動) 重要である

– It is 〜 that … : “It – that” の強調構文。「…なのは〜だ」の意。→ “It’s not the will to win that matters.”「重要なのは、勝つための意思ではない。」の意。

– Everyone has that: “that” は “will to win”を指す。

– prepare /pripέər/ (動) 準備する → “the will to prepare to win”「勝つために準備する意思」の意。

ベア・ブライアント/Paul William “Bear” Bryant

米アメリカンフットボール指導者。

愛称は「ベア」。
カレッジフットボール史上最高のヘッドコーチの1人として知られている。

カレッジフットボールディビジョンの通算323勝、および全米チャンピオン7回は歴代1位。1983年心臓発作で急死。享年70歳。

ただ調子が悪いからと言って、自分が良いパフォーマンスを発揮できないことを許すつもりはない。

I am not going to allow myself not to perform well just because I don’t feel well.

オーストラリアの競泳選手、イアン・ソープの名言です。

「just because」は、「だからと言って」という意味です。

私はかつてサッカーをする靴が無くて泣いたことがあるが、ある日、足が無い男性に出会った。

I once cried because I had no shoes to play soccer, but one day, I met a man who had no feet.

フランスのサッカー選手、ジネディーヌ・ジダンの名言です。

過去における「ある日」は、「one day」と表現します。

ちなみに、未来における「ある日、いつの日か」は、「someday」または「one day」となります。

私は何も不可能だとは思わない。あなたがそれに心を注いで努力と時間をつぎ込む限り、全てが可能だと思う。

I wouldn’t say anything is impossible. I think that everything is possible as long as you put your mind to it and put the work and time into it.

アメリカの競泳選手、マイケル・フェルプスの名言です。

「put your mind to it」で「それに心を注ぐ」、「put the work and time into it」で「それに努力と時間をつぎ込む」という意味になります。

他の人がしようとしないことを今日することで、明日私は彼らができないことを成し得るのです

Today I will do what others won’t, so tomorrow I can accomplish what others can’t.

Jerry Lee Rice(ジェリー・ライス)

アメリカのフットボール選手です。

「The Top 100: NFL’s Greatest Players」(最も偉大なNFLプレーヤー100人)にも名を連ねる実力ある選手です。

ジェリー・ライスは努力を続けることの大切さについて語っています。

才能なんてない。努力だ。執着だ。才能なんて存在しない。我々は皆、人間として互角だ。時間を費やせば、お前は何にでもなれる。頂点を極めることができる。それだけだ。おれは才能なんてない。執着しているだけだ。

There’s no talent here, this is hard work. This is an obsession. Talent does not exist, we are all equals as human beings. You could be anyone if you put in the time. You will reach the top, and that’s that. I am not talented, I am obsessed.

コナー・マクレガー/Conor McGregor

アイルランドのダブリン出身総合格闘家。

UFC世界フェザー級及びフェザー級王者。

幼少の頃キックボクシングを始め、12歳でボクシング、16歳で総合格闘技に転向。

UFC参戦前は貧困者手当を受けていた。

2017年3400万ドルを稼ぐ。1988年生まれ。

もし自信が無ければ、あなたは勝たない方法を常に探し出すだろう。

If you don’t have confidence, you’ll always find a way not to win.

 

アメリカの陸上選手、カール・ルイスの名言です。

「confidence」は、「自信、信用」という意味の名詞です。

 

壁にぶつかったときは振り向いたり諦めたりしてはならない。壁を登る方法、通り抜ける方法、回避する方法を考え出しなさい。

If you run into a wall, don’t turn around and give up. Figure out how to climb it, go through it, or work around it.


アメリカのバスケットボール選手、マイケル・ジョーダンの名言です。

「run into」は、「衝突する、偶然会う」という意味です。

練習で90パーセントの力しか出さないのであれば、本当に必要になったときにも90パーセントの力しか出せないでしょう

If you only ever give 90 percent in training then you will only ever give 90 percent when it matters.

Michael James Owen(マイケル・オーウェン)

イギリスのサッカー選手です。バロンドールを贈呈されたこともある、実力ある選手です。

オーウェンは日々の努力が本番の成功へと繋がることについて語っています。

素早く、でも慌てるな。

Be quick, but don’t hurry.

– quick /kwík/ (形) 迅速な ⇨ “be quick” 命令形のため「迅速になれ」の意。

– hurry /hə́ːri/ (動) 急ぐ ⇨ “don’t hurry” 否定の命令形のため「急ぐな」の意。

ジョン・ウッデン/John Wooden

米大学バスケットボールのコーチ。

選手として過ごした大学卒業後、第二次世界大戦従軍を経て、1948年にUCLAコーチ就任。10回に渡り全米チャンピオンに導き、多くの名選手を育てた。

実績と人格で現在も多くの尊敬を集める。2010年没。享年99歳。

不可能は事実ではない。意見だ。

Impossible is not a fact. It’s an opinion.

 

イングランドのサッカー選手、デビッド・ベッカムの名言です。

「opinion」は、「意見、持論」という意味の名詞です。


問題となるのは、身体の大きさではなく心の大きさだ。

It is not the size of a man but the size of his heart that matters.

 

アメリカのプロボクサー、イベンダー・ホリフィールドの名言です。

「matter」は、「問題となる、重要である」という意味の動詞です。

 

最後に

今回は、英語名言でスポーツ系のものを26ピックアップしてまとめてみました。

困難にぶつかった時、気持ちが上がらない時などにぜひ読んでほしいです。

きっと絶対に乗り越えようと気持ちを奮い立たせてくれるハズ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Green

物心つかない頃より近くのカトリック教会の神父さんに英会話を習っていました。 仕事、子育てをしながら、英語教育に取り組んできました。 帰国子女である母が学習塾をしていましたので、その仕事を引き継いでいます。 英語を覚えることで世界が広がる可能性もあります。 英語の武器の記事を読んで英語学習のきっかけにしてもらえれば幸いです。 よろしくお願いいたします。