ネイティブが使う色(カラー)に関する英語イディオム

Pocket

 

今回のテーマは『色』です。
慣用句は比喩表現、つまり何かに例えるもので、文字通りの意味では取れません。英語には、こういった表現の仕方がたくさんあります。

 

おすすめ オンライン英会話の選び方とは

 

青・赤・黄といった色にある種の心情や性質を象徴させる表現は、英語でも日本語でも同様に見られます。ただし、どの色がどのような意味合いを示すかは必ずしも一致しません。

英語の色に対するイメージは、日本語と一致するものもあれば、日本語とは大きく異なるものもあります。色に込められた意味合いを理解することで英語世界の見え方もきっと違ってくるでしょう。

そこで、今回のテーマは『色』です。
慣用句は比喩表現、つまり何かに例えるもので、文字通りの意味では取れません。英語には、こういった表現の仕方がたくさんあります。

それをよく表わすものの1つに「色」があります。「ブルーな気分」は “feeling blue” といい英語でも日本語でも同じ色が使われますが、たとえば「Green with envy(ひどく病む)」と言ったとき、これはあくまで例えで、心や体実際に緑色なわけではありません。今回は赤や青、白や黒などの「色」を用いた表現を紹介します!

色が登場する英語フレーズ

 

White:白

white water … 澄んだ水

white as snow … 雪のように白い、真っ白な、潔白である

tell a white lie … やさしい(罪のない)嘘をつく

show the white flag … 降参(降伏)する

to raise(wave) the white flag

(=白旗をあげる)

「打ち負かされ、降参する」ということを表すフレーズです。日本語でも「白旗をあげる」と言いますが、英語でも「白い旗(white flag)」という表現なのですね。

例文

I will never raise the white flag.

私は絶対に降参しない

The team refused to raise the white flag.

そのチームは降参するのをためらった

“As white as a ghost” 幽霊のように青ざめる

意味
衝撃や恐怖で顔から血の気が引き、真っ青(真っ白)になる様子。

“To tell a white lie” たわいのない嘘

意味
人を傷つけないちょっとした嘘をつくこと。

Black :(黒)

「黒色」の主なイメージ
「死」「不吉」「陰険」「悲哀」「失望」「不名誉」など

黒は英語においても死・不吉・邪悪・穢れ・暗黒といったネガティブイメージの巣窟です。黒色で形容されたら悲報かなと認識しておけば大体合ってる場合が多数です。

目の辺りを殴られてできるあざ(いわゆるパンダ目)は、英語では「black eye」と言いますが、これは不名誉の証というニュアンスを伴います。

とはいえ全部が全部ネガティブなイメージというわけでもありません。財政では黒字を意味します。星のない夜、ミルクや砂糖を入れないコーヒーのように、混じり気のない黒色を指す言い方もあります。

不吉・陰鬱

black augury : 凶兆

black moods : 暗澹たる雰囲気

black depression : 光明の見えない不況

black sheep : 嫌われ者、厄介者

悪・不正

black market : 闇市場、闇取引

black economy : ヤミ経済、隠し所得

blackmail : 恐喝、ゆすり

Black Maria : 囚人護送車

black lie : 悪質な嘘

真っ黒・純粋な黒

black night : 闇夜

black coffee : ブラックコーヒー

go black : 失神して眼前が暗転する

black as coal

(=真っ黒の)

“coal” とは「石炭」のこと。直訳すると「石炭のように真っ黒な」となります。

例文

Her eyes were black as coal.

彼女の目は石炭と同じくらい真っ黒だった

I left the oven for an hour and all the cookies were black as coal.

オーブンから1時間離れちゃって、全部のクッキーが真っ黒になってた

blue :(青)

blue Monday(憂鬱な月曜日) 

ブルーな気持ちという表現は日本語でもありますよね。土日と休んだ後の月曜日は憂鬱でブルーな気持ちになるということからきています。似た表現で、feel blue「落ち込む」「凹む」という表現があります。

once in a blue moon(滅多に~ない、ごく稀に) 

空気中の塵の状態など条件がそろった時にごく稀に月が青く見られることから、滅多にないことを表現します。

blue movie(ポルノ映画)

日本語の「ピンク映画」と同じ表現です。似た表現でblue jokeは「下品な冗談」という意味で使います。

out of the blue(突然、思いもかけず)

blue in the face(無駄になるのにずっと行う)

blue blood(貴族・王族の血統) 

スペイン語が語源で、スペインにもともと住んでいた「純血」の人たちの肌が白く、青い静脈が見えていたことからきています。「純血のスペイン人」を守っている格式ある血統の人という意味から、貴族や王族の家柄のことをいいます。

blue murder(大騒ぎして、大声で) 

直訳は「青い殺人」です。大声を出して叫んでいるような場合に使います。

日本語でも、気分が暗くなることを「ブルーになる」と言うときがありますよね。同様に、英語でも落ち込んだ感情は「青」で表されます。

feel blue

暗い気持ちになる、暗い気持になる、気分がふさぐ、気分が塞ぐ、憂鬱である、〈がっかりして気が沈む〉・腐る

例文

He’s feeling blue after he broke up with his girlfriend last week.

先週彼女と別れてから、彼はブルーになっている

I was feeling blue when I heard my old friend had passed away last month.

私の古い友人が先月亡くなっていたと聞いて私は落ち込んだ

out of the blue

(=青天の霹靂、警告もなしに突然現れ驚くこと、出し抜けに)

直訳すると「青のなかから」ですが、「突然」という使い方になります。

例文

The typhoon came out of the blue and I got all wet!

突然台風がやってきて、びしょ濡れになっちゃった!

I know this is out of the blue, but I need you to come with me.

「こんなこと言うのは突然すぎるってわかってるけど、僕と一緒にきてほしい」

blue blood

(貴族家系出身、お金持ち)

実際に貴族の家柄ではなくても、お金持ちの人を表す場合に使います。もともとは、白い肌に青い血管が浮き上がることを誇りにした人らが使い始めた表現なのだとか。

例文

No wonder she has got blue blood. She buys tons of clothes every month.

彼女がお金持ちだなんて疑う余地もないよ。毎月すんごい量の服を買ってるんだもん

The king refused to allow anyone join the party if he’s not of blue blood.

王様は貴族階級以外の人がパーティに参加することを拒んだ

red :(赤)

red as a beetroot … ビートの根のように赤い、真っ赤な

in the red … 赤字である、借金している

see red … かっとなる、激怒する

turn red … 紅葉する、赤面する

 

see red

激怒する

to see red(=激怒する)

牛が赤い布に興奮することから使われているイディオムです。

例文

I saw red when my roommate used my towel as her bath mat.

私のルームメイトが私のバスタオルをマットとして使った時、私は激怒した

He is good at making someone to see red.

彼は人を怒らせるのが得意だ

危険

see the red light 危険を感じとる

赤字

go into the red 赤字に転じる

喧噪

paint the town red どんちゃん騒ぎする

血塗られた

red-handed

現行犯で

catch someone red-handed(=現行犯で捕まえる)

直訳すると「手が赤いまま捕まえる」、つまり悪いことをしたときに見つけるというニュアンスになります。

例文

The police caught a boy red-handed. He was trying to steal a car.

車を盗もうとしていた少年を警察が現行犯で捕まえた

A girl was trying to sneak into a small store and she got caught red-handed.

ちいさな店に盗み入ろうとしていた少女を現行犯で逮捕した

Green:緑

嫉妬

green with envy

嫉妬にかられる

envy(嫉妬) で green(緑) になるという表現です。

例文

I was green with envy when I heard my friend saw Justin Bieber yesterday.

友人が昨日ジャスティン・ビーバーを見たと聞いた時、私は羨ましくなった

My new bag made her green with envy.

私の新しいバッグが彼女に嫉妬心を与えた

the green-eyed 嫉妬に満ちた目

未熟者

greenhorn 初心者

green youth 青二才

as green as grass まったくの青二才

green light

青信号、ゴーサイン

to give the green light(=ゴーサインを出す、許可を与える)

信号の青(緑)からきています。「進んで良し」ということですね。

例文

The doctor gave him the green light to do some exercise.

医者は彼へ運動することの許可を与えた

The government has given the green light to built wind turbines in urban area.

政府は田舎地方に風力発電機の設置を許可した

園芸

green fingers 園芸の才能

顔が青ざめる

green around the gills 顔色が悪い、青ざめている

まとめ

いかがでしたか? 普段親しんでいる「色」をつかったフレーズだと、全く新しいイディオムを覚えるよりも、イメージがつきやすく記憶にも残りやすいですよね。
一度に全部覚えるのは大変かもしれませんが、まずは自分の好きな色を使った表現からマスターしてみてはいかがでしょうか?

 

おすすめ オンライン英会話の選び方とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Green

物心つかない頃より近くのカトリック教会の神父さんに英会話を習っていました。 仕事、子育てをしながら、英語教育に取り組んできました。 帰国子女である母が学習塾をしていましたので、その仕事を引き継いでいます。 英語を覚えることで世界が広がる可能性もあります。 英語の武器の記事を読んで英語学習のきっかけにしてもらえれば幸いです。 よろしくお願いいたします。