『英語フレーズ』「ニッポンの日常風景」が、日本人の切り札になる

Pocket

 

 

おすすめ オンライン英会話の選び方とは

 

 

話題に困ったら日本の話をしよう

日本語でもそうですが、話に詰まった時は自分のことを話すことをお勧めします。

経済や流行については詳しくないと話せませんが、自分のことであればよどみなく喋れるからです。

同様に日本の話をすることも簡単です。

日常のことを伝える練習をしてみましょう。

例えば、日本の生活や食文化について。

また、日本の新年などの風習について話すのもいいでしょう。

 

相手が興味を持つような話題を提供できていますか?

外国人 : I’d like to try some real Japanese food.

日本食を食べてみたいんだけど。

日本人 : Good.

相手の気持ちがおざなりになっていませんか?

日本について紹介する際に気をつけたいのは「自慢の暴走自慢の暴走」。

相手が日本滞在初日であっても10年目であっても、日本に関心がある人は十分日本のファンなので、特別感を強調されると引いてしまいます。

説明と自慢は別のもの。

英語で日本を説明することに気を取られて、自分が話したい事ばかり押し付けてはいけません。

相手が何に興味があるかを中心に話すように心がけましょう。

日本についての会話例・・・・・・

外国人 : I’d like to try some real Japanese food.

日本人 : Good.ではない気の利いた一言

▶ How about okonomiyaki?
It’s like a pancake with meat and vegetables.

お好み焼きなんてどうですか?
肉と野菜が入ったパンケーキみたいなものです。

▶ We eat raw fish.
Would you like to try some?

私たちは生魚を食べます。
 挑戦してみませんか?

主語を間違えると、個人的な話になるので注意

母国に関する客観的な話をする際に使う主語はご存知ですか?

「(日本の)人々」はという意味でpeople 、

そのpeopleを受けてに「(日本の)彼らは」というニュアンスでthey、

「(私を含む日本人である)私たち」という意味でweなどが正解です。

We eat raw fish.(私たちは生魚を食べます)というように、

基本的に主語はWeで話すと良いでしょう。

Iでは個人的な話として伝わるので注意して欲しいですね。

✖ NG会話(残念な会話例)

外国人 : I’d like to try some real Japanese food.
 
    日本食を食べてみたいんだけど。

日本人 : How about okonomiyaki?

お好み焼きなんてどうですか?

外国人 : Is that food?
 
    それは食べ物ですか?

日本人 : Yes, of course!

ええ、もちろんですよ。

相手も知っていると思って説明を省いてはだめ

日本食に興味のある外国人と話をしたら、「日本食が食べたい」と言われました。

これはチャンス!

日本のことをたくさん話して会話を盛り上げるぞ!

と意気込んだものの、あっという間に場がしらけてしまいました。

これは、お好み焼きと聞いても相手が何かわからなかったから。

それがどんなものか想像できるように、すぐに説明を続けてあげれば、きっと相手も乗ってきますよ。

〇 OK会話(真似したい会話例)

外国人 : I’d like to try some real Japanese food.
 
    日本食を食べてみたいんだけど。

日本人 : How about okonomiyaki?
It’s like a pancake with meat and vegetables.

お好み焼きなんてどうですか?
肉と野菜が入ったパンケーキみたいなものです。

外国人 : That sounds really good.

それはすごく美味しそう。
 
日本人 : It is ! Let’s go together!
That would be great!

美味しいですよ! 食べに行きましょう!
楽しみだな!

説明する時は、相手が想像しやすい表現で

お好み焼きを提案した直後に、どんな食べ物か相手が想像しやすいよう「パンケーキのようなもの」と説明しただけですが、これがキーポイント。

NG会話の例では、相手はお好み焼きの情報を知りたいと待っていたのに、沈黙が長すぎたため、「それは食べ物?」と皮肉を言われてしまいましたよね?

こうならないよう、すぐに言葉が出ない時はUm(ええっと)で、間をつないでください。

『英語の雑談フレーズ』日本の暦・しきたり

あなたは「日本のこと」を本当に知っていますか?

日本は、古くから移り行く四季を愛すると共に、季節ごとの歳時・年中行事を大切にしてきました。

世の中が便利になるにつれ、季節感を味わうことも少なくなり、行事も年を重ねるごとに簡素化されていますが、せっかくこの美しい日本に生まれたのですから、少しずつでも日々の暮らしに取り入れて心のゆとりを感じてみませんか。

New Year’s is mostly a time for families in Japan.

日本では、新年はたいてい家族と過ごす時間です。

We don’t usually send Christmas cards, but we send New Year’s cards.

日本ではあまりクリスマスカードを出しませんが、年賀状を出します。

We go to a temple or shrine to pray on the first few days of the year.

日本人は年の初めにお寺や神社に行ってお祈りをします。

On Valentine’s Day, women give men chocolate.
バレンタインデーには、女性が男性にチョコレートをあげます。

March 14 is White Day.
This is when men give gifts to women.

3月14日はホワイトデーと言って、男性が女性に贈り物をあげる日です。

Golden Week is a week-long holiday period.
It starts at end of April.

ゴールデンウィークは一週間もある休暇期間で、4月末から始まります。

Obon is a holiday for remembering ancestors.

お盆は先祖を偲ぶための休日です。
※ancestors : 先祖

A lot of people go back home during Obon.

多くの人がお盆に実家に帰ります。

Silver Week is a period of holidays in September.

シルバーウィークは9月にある休暇期間です。

『英語の雑談フレーズ』日本の生活習慣

日本と海外では文化の違いが多くあります。

代表的なものでは、日本では家の中で靴を脱ぐ、チップの制度がないなどが挙げられます。

近年海外からの観光客が増え、日本の文化・マナーに実は驚かれていることがまだ多くあるのです。

また、あなたが仕事の都合などで海外へ出張する際に、当たり前だと思っていたことが、日本固有の文化だったことに驚くことがあるかもしれません。

We usually only wear kimonos for special events.

通常日本人は、特別な時しか着物は着ません。

Some kimonos are really simple and some are fancy.

着物にはとても簡易的なものや、おしゃれなものがあります。

Traditional yukata designs have been becoming popular recently.

最近、伝統的な浴衣の柄が人気です。

Kimonos are difficult to wear, so many people get help at a beauty salon.

着物の着付けは難しいので、美容院でやってもらう人が多いです。

People don’t usually wear their shoes in the house.

日本人は家の中で靴を履きません。

We take off our shoes and keep me in the entrance area.

靴を脱いだら玄関に置いておきます。

Making an offering of five yen at shrines or temples is standard.

神社やお寺でのお賽銭は5円が一般的です。

Anyone can visit a temple or shrine.
You don’t have to be a believer.

誰でもお寺や神社に行くことができます。
信者でなくても構いません。

In Japan, we don’t have the custom of tipping.

日本には、チップの習慣はありません。

『英語の雑談フレーズ』 日本の食文化

国によって異なる文化はさまざまですが、中でも違いが顕著で面白いのが食文化。

日本ではまったく問題ないことでも、海外ではNGマナーであったり、当たり前に感じている習慣が意外だったりします。

海外の人は、日本のどんな食文化に驚きを感じているのでしょうか?

Sushi-go-round restaurants Where you can eat one plate for 100 yen are popular.

一皿100円の回転寿司が人気です。

You can order sushi without the green mustard.

寿司はわさび抜きでも注文できます。

Tempura tastes best with a dipping sauce called tentsuyu.

天ぷらは天つゆをつけて食べると美味しいですよ。

Soba is a seasonal thing.
New soba comes out around November.

そばには旬があり、新そばが出るのは11月頃です。

With udon, the noodle thickness differs by region.

うどんは地域によって麺の太さが違います。

Sparkling sake is a stylish new drink.

スパークリングの日本酒がおしゃれです。

Some shops now have nave for just one person.

鍋をひとりぶんから注文できるお店もあります。

Nabe is a hot pot.
People share it with family and friends.

鍋は、家族や友人と一つの鍋をつついて食べる料理です。

Fresh wagashi treats are made based on a seasonal theme.

生の和菓子は、季節をテーマにして作られています。

会話はキャッチボールなので、あなたが相手に対して知りたいことは当然相手も同じように知りたがるものです。

日本人として日本のことをきちんと説明できれば、きっと相手もあなたとの会話を心から楽しんでくれるはずです。

日本の大使のつもりで、日頃から日本のさまざまなことを英語で表現できるようにしておきましょう。

スタディサプリENGLISH

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Green

物心つかない頃より近くのカトリック教会の神父さんに英会話を習っていました。 仕事、子育てをしながら、英語教育に取り組んできました。 帰国子女である母が学習塾をしていましたので、その仕事を引き継いでいます。 英語を覚えることで世界が広がる可能性もあります。 英語の武器の記事を読んで英語学習のきっかけにしてもらえれば幸いです。 よろしくお願いいたします。