英語の単語・イディオムを「食べ物」にまつわる表現で楽しみませんか

Pocket

おすすめ オンライン英会話の選び方とは

 

英語のイディオムは、単語をそのまま訳しても意味がよくわかりません。単語そのものの意味とは違った、比喩的な別の意味を持っているからです。単語の文字通りの意味であればすぐに理解できますが、比喩的な意味の場合には全く違うことを指すこともあります。

今回は、英語特有の表現そのものを楽しめる「食べ物」にまつわる単語・イディオムをご紹介したいと思います。

英語には「食べ物」の名前を含んだ言い回しがたくさんあり、日常の様々な場面で使われています。映画やドラマの中で耳にすることもありますよね。それでは早速、全く別の意味になる面白い表現を見ていきましょう!

食べ物に関するイディオムと単語

Spice things up

to price things upとは、何かをよりおもしろくエキサイティングにするという意味のイディオム。

Instead of just buying Sam a birthday gift, let’s spice things up by taking him out for dinner.

サムには単に誕生日プレゼントを買うんじゃなくて、ディナーに連れ出したら楽しくなるよ。

A piece of cake

A piece of cakeとは、簡単に成し遂げられる朝飯前の仕事やタスクのこと。

I expected the English test to be difficult but it was a piece of cake.

英語のテストは難しいと予想してたけど朝飯前だったよ。

(the)apple of one’s eye

目のリンゴなんてロマンチックですが、誰かにとって「とても大切な人・もの」を表します。恋愛的にも家族間の愛情表現にも使えますよ。

My baby sister is the apple of my eye.

私の歳の離れた妹は、目の中に入れても痛くないくらい可愛いんです。

bad apple/egg

よく問題を起こすような、「周りに悪影響を与える人」の意味で使われます。

Greg is such a bad apple. You shouldn’t hang around with him.

グレッグはろくでもない人だから、付き合わない方が身のためだよ。

bananas

バナナの複数形は、形容詞で「頭のおかしい」「馬鹿げた」というスラングになります。また「go bananas」で「気が狂う」「熱狂する」の意味になります。

The audience went bananas when the band appeared on the stage.

そのバンドが登場した時、観客が熱狂した。

butter up

何かの狙いがあって「~のご機嫌を取る」という意味になります。

Bethany always butters up her boss hoping for promotion. I’m fed up with it.

べサニーは昇進したさにいつも上司にゴマをすっていて、うんざりだよ。

cheesy

チーズっぽいではなく、台詞や恋愛もののストーリーなどが「陳腐な」「クサい」と言いたい時に使われます。

Some people find Ed Sheeran’s『Perfect』cheesy but I love it.

エド・シーランの『パーフェクト』がクサいって思う人もいるけど、私は大好きなんだよね。

cherry-pick

「自分に都合のいいものだけを選ぶ」という意味です。ニュースなんかでもよく使われていますよ。

Politicians often cherry-pick evidence to support their stance.

政治家はよく、自分の立場を支える証拠だけを都合よく選んでいる。

couch potato

couch(ソファ)の上でテレビばかり観ているような「怠け者」を意味する面白い表現です。

My brother is a real couch potato and never wants to go out.

私の兄/弟ったらテレビばっかり観て、全然外に出ようとしないの。

cry over spilt/spilled milk

例えにミルクを使うとは欧米らしいですね。「済んでしまったことに嘆く」という意味の表現です。

There’s no use crying over spilt milk.

覆水盆に返らず。

cup of tea

「自分の好みのもの」を表し、通常は否定形で使われます。

Going to the ballet isn’t exactly my cup of tea.

バレエを観に行くのは私の趣味じゃないな。

fishy

形容詞として、話や人が「怪しい」「胡散臭い」という意味になります。

To me, his investment offer sounded a little fishy.

彼の投資話は私にはちょっと胡散臭かったな。

in a nutshell

小さいナッツの殻に詰めて、「要するに」という可愛らしい表現です!アカデミックな文章でもよく見かけますよ。

In a nutshell, I’m against the legalization of casinos.

手短に言うと、私はカジノ合法化に反対です。

Cool as a cucumber

キュウリには爽やかな風味があり、ひんやりとして気持ちを落ち着かせてくれます。そのため、とても落ち着いてリラックスした人のことをcool as a cucumber と表現します。

My friend is nervous about taking his driving test but I’m cool as a cucumber.

友達は運転免許の試験で緊張してるけど、僕はリラックスしてるよ。

Bring home the bacon

to bring home the baconは、家族の生活を支えるために収入を得ることを意味します。

Ever since her father was injured, she’s been working two jobs to bring home the bacon.

父親がケガしてからというもの、彼女は2つの仕事を掛け持ちして家族を養っている。

In hot water

in hot water とは、悪い状況にある、深刻なトラブルに巻き込まれているという意味です。

My brother is in hot water for failing all his college classes.

弟は大学の授業を全て落としてマズい状況にある。

Compare apples and oranges

リンゴとオレンジでは見た目も味も全く違います。全く異なる2つのものを比べるのは簡単ではありませんが、compare apples and orangesはそんなときに使うイディオムです。

I’m not sure which I enjoy more—pottery or dancing. It’s like comparing apples and oranges.

陶芸かダンスか、どっちの方が好きかわからない。まったく違うのだから比べられないわ。

Not one’s cup of tea

あなたにとって興味のないこと、楽しくないこと、得意ではないことなどを、not your cup of teaと表現することができます。

Camping is really not my cup of tea so I’m going to visit my friend in New York instead.

キャンプには興味がないから、代わりにNYの友達を訪ねることにするわ。

Eat like a bird

鳥が食べる量って?そんなに多くありませんよね。そのためeat like a birdは小食だという意味です。

Don’t trouble yourself cooking such a big meal. I eat like a bird.

そんなにご馳走を作らなくてもいいよ。私は小食だから。

Eat like a horse

鳥に比べると馬はたくさん食べますよね。その通り、eat like a horseとは大食いだという意味なのです。

My mother has to cook a lot of food when my brother comes to visit. He eats like a horse.

兄が帰ってくると母はたくさん料理する。彼は馬みたいに大食いなんだ。

Butter [someone] up

to butter someone upとは、相手に気に入られるためにゴマをするという意味。butter [someone] upか、butter up [someone]の語順で使われます。

Everyone seems to be trying to butter up the new boss hoping to become her favorite.

新しい上司のお気に入りになろうと皆がゴマすりしているようだ。

Food for thought

Food for thoughtとは、熟考に値する物事のことを指します。

Moving to another state is food for thought for many of those affected by the recent hurricanes in Texas and Florida.

最近テキサスやフロリダでハリケーンの被害に遭った人にとって、他の州への引っ越しは考えてみるべきことだ。

A smart cookie

こちらはシンプル。A smart cookieとは頭の良い人という意味です。

It shouldn’t be hard too hard for a smart cookie like you to learn Spanish.

君みたいな頭の良い人にとっては、スペイン語を学ぶのはそれほど難しくないはずだ。

Packed like sardines

イワシの缶詰を開けたら?そう、イワシがぎゅうぎゅう詰めになっていますよね。packed like sardines とは、コンサート会場やスポーツイベントなど、すし詰め状態に込み合っている場所や状況のことを指します。

Were you at the football game last night? The stadium was packed like sardines.

昨夜のフットボールの試合にいた?スタジアムはすし詰め状態だったね。

Spill the beans

豆の入ったボウルをうっかちひっくり返してしまったら?このイメージさえ頭にあれば、spill the beans とは秘密にしておくべき情報を誤って漏らしてしまったという意味だと忘れにくくなるかもしれません。

We were planning a surprise birthday party for Joyce this weekend. But this morning, Owen spilled the beans and now it’s no longer a surprise.

今週末はジョイスに誕生日パーティーをサプライズする予定だったんだ。でも今朝オーウェンがバラしてしまったから、もうサプライズじゃなくなったよ。

Bread and butter

パンとバターが食事の基本という人も多いものです。このbread and butterというこのイディオムは、生活必需品や食料のためにお金を稼ぐための仕事という意味です。

Fishing is the bread and butter of the friendly people I met on the island last summer.

去年の夏にその島で会ったフレンドリーな人たちは、漁業を生業(なりわい)にしている

Buy a lemon

buy a lemonとは、故障したもの(主に車)や価値のないものを買うという意味です。

The car looked so new and shiny I had no way of knowing I was buying a lemon.

その車はピカピカで新しいように見えたし、まさか欠陥車だなんて思わなかった。

ここまでよく頑張りました!以上となります。定期的に読み返して、イディオム・単語を暗記してしまいましょう!

おすすめ オンライン英会話の選び方とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Green

物心つかない頃より近くのカトリック教会の神父さんに英会話を習っていました。 仕事、子育てをしながら、英語教育に取り組んできました。 帰国子女である母が学習塾をしていましたので、その仕事を引き継いでいます。 英語を覚えることで世界が広がる可能性もあります。 英語の武器の記事を読んで英語学習のきっかけにしてもらえれば幸いです。 よろしくお願いいたします。