英語でさらっと注文。 食事を楽しくするフレーズ集

Pocket

 

外国でレストランやカフェを訪れたとき、サラッと注文できますか?

なんとなく英語で注文できたほうがいいですよね。

デートの場で男の人に英語でスムーズな応対をされると、評価があがりますね。

シーンに応じたフレーズを解説しますね。

 

おすすめ オンライン英会話の選び方とは

 

 

食事に誘う英語フレーズ5選

 

近頃では、英語を話す外国人スタッフが企業に在籍していたり、外国からの出張者やゲストが事務所に短期滞在したりするなど、職場に外国人がいる光景もさほど珍しいものではなくなっています。

遠目に見ていられる分には他人事かもしれませんが、同じ部署に外国人の方がいるケースは、共に食事に行く機会もある事でしょう。

この章では、「共に食事、いかがですか?」と外国人の同僚を英語で食事に誘うケースに役に立つ表現をご解説します。

A : Would you like to go eat sushi with me?

(お寿司を食べに行きませんか)

B : Sounds good! When do you want to go?

(いいですね! 一緒にします?)

B : Next saturday?

( 来週の土曜日は?)

A : OK, What about Tsukiji Station at 11:00 a.m?

(いいですよ。築地駅に11時でどうですか?)

B : Perfect, I’ll see you there.

(問題ありません。そこで会いましょう)

A バリエーション

Would you like to go eat a steak?

(ステーキを食べに行きませんか?)

I found a delicious hamburger shop.

(美味しいハンバーガーのお店を見つけました。)

There is a delicious restaurant that serves good Italian food.

(イタリアンの美味しい店があるんです。)

I will take you to a delicious ethnic food restaurant.

(美味しいエスニックが食べられるところがあるから、連れて行ってあげますよ。)

Now, Japanese tea cafes are popular. Do you want to try it?

(今、日本茶カフェが流行ってるんです。行きませんか?)

B バリエーション

How about July 21?

(7月21日はどうですか?)

How about this weekend?

(今週の土曜日はどうですか?)

I’m free anytime except Mondays.

exceptには 「~除いて」の意味があります。

(月曜以外だったらいつでもいいですよ。)

Can we schedule it the week after next?

(再来週にしてもらえませんか?)

I have plans this weekend.

( 今週末は先約があります)

I’m going to be busy.

(しばらく空いてないんです。)

I’m sorry. I’m not interested.

(ごめんなさい。興味ないんです。)

 

英語フレーズで待ち合わせる

 

友達ができたら、レジャーシーズンやパーティーシーズンなど、積極的に誘い合って仲良くなりたいもの。

この章では待ち合わせ時間と場所の定番フレーズを、ポイントを含めて紹介しますね。

早速使って言い回しをモノにしましょう。

I will be at the coffee shop in front of the train station.

(駅前のカフェにいますね。)

 I will be there 5 minutes before 11:00 a.m.

(11時5分前に着きそうです。)

 I will be waiting for you.

(お待ちしています。)

 Thank you for waiting.

(お待たせしました。)

Where do you want to meet me?

(待ち合わせはどこにしますか?)

Let’s meet at the intersesection in Roppongi.

(六本木の交差点で待ち合わせしましょう。)

I am in front of the ticket gate.

(改札前にいます。)

in front of ~ は、「~(モノ)の前に」という意味です。

Take your time.

(焦らずに来てくださいね。)

I will be at the bookstore on the third floor of the station building at 4 p.m.

(午後4時に駅ビルの3階の書店にいますね。)

I’ll go get you around 8 p.m.

(8時過ぎに車で迎えに行きますね。)

Sorry,I’ll be about 10 minutes late.

(すみません10分遅れます。)

自分の都合で遅れる場合はlate、 自分以外の都合で遅れる場合はbe delayedを使います。

I’m about to arrive 15 minutes late because the train was delayed.

(電車が遅延していて15分ほど遅れそうです。)

Next stop is Shibuya.

(次が渋谷です。)
How long will it take for you to arrive here ?

(あとどれくらいで着きそうですか?)

I will be there in 30 minutes.

(あと30分で着きます。)

I will arrive soon.

(もうすぐ着きます。)

 

英語フレーズで食事する店を決める

 

レストランを選定するケースのフレーズを調査してみました。

誰かを誘って食事へ行きましょう。

A : What do you want to eat?

(何が食べたいですか?)

B :  How about wild game?

(ジビエはどうですか?)

A バリエーション

What would you like to eat?

( 今日は何にしますか?)

Is there anything you want to eat?

(食べたいものはありますか?)

Which restaurant should we go to?

(お店はどうしますか?)

B バリエーション

I feel like eating cilantro.

(パクチーが食べたい気分です。)

cilantroはスペイン語由来。イギリスではcorianderと言います。

I want to have some Japanese food.

(日本らしいところがいいですね。)

I would like to eat something light.

(軽めだと嬉しいです。)

i don’t care as long as I can drink beer.

(ビールを飲めるとこならどこでもいいですよ。)

その他のフレーズ

Do you know any good restaurants?

(どこか美味しい店を知っていますか?)

Do you have any restaurant to recommend?

(おすすめのお店はありますか?)

It’s up to you.

(お任せします)

It’s your choice.という言い方もあります。

Are you a drinker?

(お酒は飲めますか?)

I love it.

( 大好きです。)

I don’t drink.

(飲めません。)

Witch do you want to eat, French or Japanese food?

(フレンチと和食ならどちらがいいですか?)

How about the restaurant over there?

(あそこのお店はどうですか?)

The last order is at 23 :30.

(ラストオーダーは23:30です。)

This restaurant seems to be open until 1 o’clock.

(この店は深夜1時までやっています。)

In Japan we write 25:00 instead of 1:00a.m.

(日本では a,m.1:00を25:00と書くことがあります。)

店に入る

 

英語を話す前にウエイターに声をかける事自体が持て余します。

多忙なケースですと、あまりと相手にしてくれません。

そのときは自分のペースでと待ちましょう。

しかも、ウエイターが通り過ぎたときに声をかけるのが秘訣です。

最も混雑する時帯を避けるのも秘訣です。

A : Our table is at the very back.

(奥の席です。)

B : Ok. Thank you.

(わかりました。)

A バリエーション

This is your table.

( ここの席です。)

Your seat is by the window.

(窓際の席です。)

Our seat is an Ozasiki(Japanese tatami-mat)seat.

(カウンターの席です。)

A sofa seat is available.

(ソファーが開いています。)

availableは利用可能という意味です。

Our table is over there; it is a table for four.

(あそこは四人掛けの席です。)

その他のフレーズ

We need to make a reservation for this restaurant.

(この店は予約が必要です。)

We will buy a meal ticket here.

(ここで食券を買います。)

The umbrella stand is outside.

(傘立ては外にあります。)

You need to take off your shoes here.

( 靴はここで脱ぎます。)

屋内で靴を脱ぐ習慣がない国もあるので、靴を脱ぐ場合は早めに声をかけると良いでしょう。

Keep the key with you.

(鍵は持って行きます)

We will carry our shoes in bags.

(靴は袋に入れて持って行きます。)

You can leave your shoes there.

(靴は脱いだままにしてください。)

Please use this hanger.

(ハンガーをどうぞ。)

Do you want to check in your baggage ?

(荷物は預けますか?)

Put your luggage under the table.

(テーブルの下に荷物をしまえるところがあります。)

Is it cold/hot?

(寒く/暑くないですか?)

 

料理を注文する

 

レストランで食事をするケースって、料理を注文するケースはなんて言えばいい?

実を言えば、全部の流れさえつかんでしまえば、あとは、ウェイターやウェイトレスにまかせられますよ。

今度はレストランでの料理の注文をするケースに役立つ英語のフレーズを解説したいと考えます。

What do you recommend?

(おすすめは何ですか)

A : The pacific saury which is salted and grilled.

(さんまの塩焼きです。)

A バリエーション

It is written on the board there.

(あそこのボードに書いてありますよ。)

This restaurant’s specialty is chorizo.

(この店はチョリソーが名物です。)

Oven bake dishes are their specialty. It’s excellent.

(ここのオーブン焼きは絶品ですよ。)

You should definitely ask for an omelette.

(オムレツは絶対頼んだ方がいいです。)

Would you like a hot dog?

(ホットドッグはどうですか?)

その他のフレーズ

Would you like it to go?

(持ち帰りにしますか?)

This restaurant is self service.

(この店はセルフサービスです。)

Is there anything you cannot eat?

(食べられないものはありますか?)

Can you eat oysters?

(牡蠣は食べられますか?)

i don’t like octopus.

(タコは苦手です。)

タコを食べる習慣のない国もあります。「美味しいよ」と言って無理強いすることは禁物です。

you don’t have any allergies, right?

(アレルギーはないですよね?)

No, I don’ t.

(はい、ありません。)

Yes/Noは、疑問文にあるどうしよう肯定/否定します 。

I’m allergic to crabs.

(カニのアレルギーがあります。)

Do you want an English menu?

(英語のメニューをもらいましょうか?)

What do you like to drink?

( 飲み物は何にしますか?)

Do you on a grass of water?

(お水をもらいましょうか?)

There are a lot of interesting dishes.

(面白い料理がたくさんありますね。)

Can I ask for a salad?

(サラダを頼んでもいいですか?)

Would you like to have for our main dish?

(メインは何にしますか?)

Would you like it without wasapi?

(サビ抜きにしますか?)

Let’s cancel the potato salad?

(やっぱりポテトサラダはやめましょう。)

There are many types of liquor.

(お酒の種類が豊富ですね。)

liquorは、ウイスキーやテキーラ、ラムなどの主に蒸溜酒を指します。

Do you have a favorite seasoning?

(味付けの好みはありますか?)

Are you ok with eating spicy food?

(辛いものは平気ですか?)

I want to eat extremely spicy food?

(激辛料理が食べたいです。)

Do you have anything else you want to eat?

( 他に食べたいものはありますか?)

Do you want a dessert?

(デザートは要りますか?)

Let’s share it .

(シェアしましょう。)

Looks delicious!

(美味しそうですね!)

deliciousは最高に美味しいという意味です。単純に「美味しい」はgoodが適しています。

I also thought that looks good.

(私もそれがいいと思っていました。)

I always order this.

(いつもこれを頼んじゃうんですよね。)

Anything else?

(とりあえず以上でいいですか?)

直訳すると「他に何かありますか?」です。

We’ll order more later?

(後でまた頼みましょう。)

I guess I ordered too much.

(頼みすぎたかもしれません。)

I’m starving.

(お腹ペコペコです。)

starvingはhungryよりもさらにひもじい様子を表します。

I’m not that hungry.

(あまりお腹は空いてません。)

Would you like to do “all you can drink”?

(飲み放題にしますか?)

You can choose the buffet.

(食べ放題にもできます。)

There is also a course meal.

(コースもありますね。)

“Menchicatu” is a dish of fried ground meat.

(メンチカツはひき肉をあげた料理です。)

I did’t order this.

(これは注文していません。)

We’re still waiting for our order.

(頼んだ料理が来ていません。)

Otoshi is like a table charge.

(お通しはテーブルチャージのようなものです。)

お通しは海外にない文化なので、説明してあげると親切です。

I’m going to the bathroom.

(ちょっとトイレに行ってきます。)

「toilet」は便器の意味が強いため 、bathroomやrestroomが上品です。

 

料理を食べる

 

日本食がブームのいま、外国の方にとっておはしを使用する事は、すでに当たり前な事です。

日本に来て「お箸の持ち方が巧妙ですね」と言われると、「え、そのような事で褒められるの?」と、なんとなく不思議な感じがする事があるようです。

そんなときに使うフレーズを紹介しますね。

This is a towel.

(これはおしぼりです。)

This is a bonito soup.

(これは鰹のだし汁です。)

Have you ever used chopsticks?

(箸を使ったことはありますか?)

Do you need a fork?

(フォークを借りましょうか?)

Hold the chopsticks like you’re holding up a pen.

(箸はペンを持つように持ちます。)

Support it with your ring finger.

(薬指で支えます。)

Move them with your index finger and middle finger.

(人差し指と中指で動かします。)

Please feel free to use seasoning.

(調味料は自由に使ってください。)

You can dip it in the source and eat it.

(タレに付けて食べます。)

You put sauce on this dish.

(タレはかけて食べます。)

You don’t use any source for this dish.

(何もつけずに食べます。)

You should stir this food before eating it.

(よくかき混ぜてから食べます。)

Would you like some more?

(おかわりはいかがですか?)

Can you still eat?

(まだ食べられますか?)

I’m already full.

(もうお腹いっぱいです。)

Shall I ask for an additional one?

(追加で頼みましょうか?)

You can order additional cabbage without an additional charge.

(キャベツはお替り自由です。)

Shall I start serving?

(取り分けましょうか?)

Please eat before the food gets cold.

(冷めないうちにどうぞ。)

I think it will come soon.

( もうすぐ来ると思いますよ。)

The waiter seems busy.

(店員さんは忙しそうですね。)

Shall I call a waiter?

(店員さんを呼びましょうか?)

This restaurant has a great atmosphere.

(いい雰囲気のお店ですね。)

It’s a large serving.

(大盛りですね。)

The portion is smaller than I thought.

(思ったよりも量が少ないですね。)

I’m happiest when I’m eating something delicious.

(美味しいものを食べている時が一番幸せです。)

It’s better to eat with people than to eat alone.

(みんなで食べると美味しいですね。)

We can listen to jazz at this restaurant.

(このお店ではジャズが聴けます。)

You can eat this with your hands.

(これは手でつまんで食べてもいいですよ。)

You can also eat raw eggs in Japan.

(日本では生卵食べられます。)

海外では生食用の卵も売られていますが、日本ほど生で食べる習慣はありません。

How is the taste ?

(お味はどうですか?)

Do you like it?

(お口に合いますか?)

It will be soggy.

(のびちゃいますよ。)

soggy は水を吸ってふやけた状態を指します。「ねっとりした」という意味としても使えます。

Can you pass me the soy source?

(醤油取ってもらえますか?)

味・匂いを表す単語

甘い             sweet 酸っぱい      sour
しょっぱい  salty 苦い            bitter
濃厚               rich 薄い              bland/weak
辛い               spicy 野性味がある  wild taste
いい匂い        nice smell 生臭い           raw smell

 

食感を表す単語

 

硬い              hard 噛み切れない  chewy
やわらかい   soft なめらか        smooth
ぬるぬるした  slimy ふっくら        plump
もっちり        sticky ふわふわ        fluffy
さくさく    crunchy とろみのある   thick

 

まとめ

 

以上、レストランでスムーズに食事をするための英語フレーズを解説しました。

これで貴方も、外国でレストランに行っても怖くないのです。

予約までできちゃいます。

さあ、インプットしたら、斉藤一人さんも述べられてるようにように行動あるのみです!

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Green

物心つかない頃より近くのカトリック教会の神父さんに英会話を習っていました。 仕事、子育てをしながら、英語教育に取り組んできました。 帰国子女である母が学習塾をしていましたので、その仕事を引き継いでいます。 英語を覚えることで世界が広がる可能性もあります。 英語の武器の記事を読んで英語学習のきっかけにしてもらえれば幸いです。 よろしくお願いいたします。