連想ゲームで、英会話を盛り上げ拡げるフレーズ集

Pocket

 

 

おすすめ オンライン英会話の選び方とは

 

「なかなか頭に入ってこない」「覚えたはずなのに忘れている」ということはありませんか。人は一度覚えたことでも、時間が経てば多くを忘れてしまうと言われています。

復習も大切ですが、脳を活性化させ、頭の中を整理することも大切。そこでおすすめなのが、英語の連想ゲームです。

「へー」「いいね」ばかりで会話を止めていませんか?

Olivia : I visited Osaka last week.

Hiroshi : Oh, that’s nice.

連想ゲームの感覚で話題を広げましょう

比較的簡単で楽しく話題を広げる、とっておきの方法があります。

連想ゲームの要領で相手が入ったキーワードを受けて「〇〇といえば✖✖」と会話をつなげるテクニックです。

「春といえばお花見」という感じで、イメージしたものをどんどん話しかけてみましょう。

「連想しながら英訳していたら沈黙してしまう」という方は、まずは良いリアクションを取ってください。

Wow! Great! Gorgeous! などの感嘆詞をフル活用して、考える時間を作りましょう。

そして、キーワードから連想したものについて話題を振ってみてください。

連想ゲームの会話例・・・・・・・・

Olivia : I visited Osaka last week.

Hiroshi : Oh, that’s nice.の後の気の利いた一言

▶ I love Osaka!

僕、大阪が大好きなんだ!

▶ Talking about Osaka, did you go to USJ?

大阪だったら USJ 行った?
▶ Everyone Who goes to Osaka has to try it!

大阪に行くなら外せないよね!

話が弾む連想ゲームにはルールがあります

連想ゲームで会話をする際は、相手が話したいであろう話題を振って、伏線を貼ってあげると良いでしょう。

逆に、相手が知らなさそうなトピックについて話しても面白いかもしれません。

王道から外れた情報を提供することで、「それは思いつかなかった。次回はやってみよう」「詳しく教えて」と、会話が盛り上がる可能性もあるからです。

自慢話にならないように気をつけて。

連想するコツは「空間軸」と「時間軸」

イメージを膨らませるコツは、空間軸を伸ばすこと、時間軸を変えること。

空間軸とは「〇〇に行ったなら~をみ見た?」と、場所を中心に話をちょっと変えることです。

「〇〇が好きなら~がおすすめ」と提案する際にも便利な方法です。

時間軸を変える方法は、〇〇をキーワードにして相手の思い出を引き出したり、未来の夢を尋ねること。

キーワードから連想して、話題をつなげていきましょう。

✖ NG 会話(残念な会話例)

Olivia : I visited Osaka last week.

先週大阪に行ってきたんだ。

Hiroshi : Oh, that’s nice.

ああ、それは良かった。

Olivia : I went to USJ and had lots of delicious food.
USJ に行ったし、美味しいものをたくさん食べたよ。

Hiroshi : Isee.

そうだろうね.

Olivia : Am I boring you?

私の話、つまらない?

リアクションをとるだけでは足りません

旅行の土産話を始めようと思ったのに、

Oh, that’s nice.(ああ、それは良かった。)としか相手が返事をしてくれなかったら

「この話には興味がないのかな」と思いませんか?

どう会話を盛り上げたらよいかわからないからと受け身の姿勢で会話していると、

「何にも興味がないんだ」「つまらない人」と思われてしまいます。

リアクションだけでなく、それに続く一言が大切なのです。

〇 OK 会話(真似したい会話例)

Olivia : I visited Osaka last week.

先週大阪へ行ってきたんだ。

Hiroshi : Oh, I love Osaka!
Did you try okonomiyaki?

わあ、大阪大好き! お好み焼きは食べた?

Olivia : Of course! I ate lots of delicious food .

もちろん! 美味しいものをたくさん食べたよ。

Hiroshi : Everyone Who goes to Osaka has to try it!

大阪に行くなら外せないよね!

リアクションの後の一言はスピード勝負

Oh, とリアクションを取った後は、

I love Osaka!

(大阪大好き!)などの簡単な一言もいいのです。

何か言葉を続けると、相手も話を進め安くなるからです。

また、「美味しいものを食べた」と聞いてすぐに具体的な食べ物について尋ねたスピード感もポイントです。

人は、雑談のリズムから瞬時に相手のセンスを判断するもの。

どんな会話にも柔軟に対応できるよう心がけて。

『雑談フレーズ』空間軸 : 場所から連想

Hiro moved to US? If you could live in another country, where would you go?

ヒロは米国に移住したの?
もし移住するなら、あなただったらどの国に行く?

Your brother’s studying in New York?
He must be studying dance , right?

お兄さんがニューヨークに留学?
じゃあダンスの修行でしょう?

You like to travel? Of all the countries you’ve been to, which do you like best?

旅が好きなの?
今まで行った国で一番好きな場所はどこですか?

Oh, you went to Shiz uoka? Dd you get a good view of Mt. Fuji?

静岡に行ったんですか? 富士山がよく見えたでしょう?

Talking about ukiyoe, A gallery has really special works.

浮世絵なら、A画廊に行けば逸品が見られるよ。

Oh, you are in Kyoto for a week?
Did you go to Nara as well?

京都に一週間いたの? だったら奈良にも行った?

You really like meat, don’t you?
Let’s go to a sukiyaki restaurant?

お肉が好きなんですね!
では、美味しいすき焼きのお店に行きましょう!

That’s a perfect excuse.
Let’s go get a beer!

良い口実ができた。ビール飲みに行こう!

『雑談フレーズ』時間軸 : 過去と未来を連想

By the way, do you remember what happened this time last year?

ところで、去年の今頃何が起きたか覚えてる?

Ah, this song is so nostalgic.
What is your favorite song?

あ、 この曲すごく懐かしい。
あなたはどの曲が好きだった?

What cartoon character did you used to like?

アニメキャラといえば、昔は何が好きだった?

Speaking of studying abroad, how old are you when you come to japan?

留学の話で思い出したけど、あなたが日本に来た時は何歳だったの?

That’s when you came to japan? That’s the same year Michael died, isn’t it?

その年に日本に来たの?
マイケルが亡くなった年だよね?

Look at this news. Have you ever considered starting your own business?

このニュース見た? 君は自分でビジネスを立ち上げたいと思う?

Is that project a five-year plan? What do you think you’ll be doing in five years?

あのプロジェクトって五カ年計画なの?
5年後あなたは何してると思う?

Speaking of dreams, what’s your dream job?

夢といえば、あなたはどんな仕事をしたいの?

Next year is your silver wedding.
Do you have any plans?

来年はあなたの銀婚式だね。何かプランある?

いかがでしたでしょうか?

家で退屈だなぁ、何かやる事ないかなぁ?と思った時に、こんな英語連想ゲームで英語の勉強はどうですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Green

物心つかない頃より近くのカトリック教会の神父さんに英会話を習っていました。 仕事、子育てをしながら、英語教育に取り組んできました。 帰国子女である母が学習塾をしていましたので、その仕事を引き継いでいます。 英語を覚えることで世界が広がる可能性もあります。 英語の武器の記事を読んで英語学習のきっかけにしてもらえれば幸いです。 よろしくお願いいたします。